バストアップと女性ホルモンの関係 - カズのHOTなひと時

アリシアクリニック

バストアップと女性ホルモンの関係


バストアップクリームというものには女性ホルモンがよく分泌されるようにする成分がふくまれていて、胸が大きくなるという効果をもたらすことが期待されます。バストアップクリームを塗る際には、肌によく染み込むように丁寧にマッサージをする方が効き目が体感できます。

とはいっても、使用したらすぐにサイズアップするワケではありません。

近頃では、胸のサイズアップができないのは、親からの遺伝というよりも生活の様子が似ていることが原因というのが広く認知されるようになってきています。不適切な食生活や運動不足、夜更かしなどが、バストアップを邪魔している可能性があります。家族の間でもバストのサイズがちがうことは、多くみられる傾向ですから、成長する可能性があります。

小さな胸にコンプレックスを抱いていても、遺伝の問題だから仕方ないと考える女性も多いかもしれません。実はバストの大きさは遺伝以上に生活環境による影響が大きいという説もあります。ですから、整形に頼る前に、生活習慣を見直してみることをお勧めします。

実はバストアップを妨げる生活習慣を行っているせいで、Aカップのままなのかもしれません。では、バストアップが可能な生活習慣ってどんなものなのでしょうか?バストを大きくするためには、生活習慣を見つめ直した方がいい場合がほとんど全てです。

胸が大きくならない要因は遺伝ではなく、生活習慣に起因することが多いといわれていおります。育乳のために力を費やしていても、生活習慣のせいで効果が表れないということもよくあります。


バストアップに効くツボというのがありますから、押すことも試してみてはどうでしょうか。具体的なツボとしては、だん中、天渓、乳根などが胸を豊かにするのに効果的なツボとして知られています。このようなツボの刺激により、血の巡りが良くなったり、女性ホルモンが多く出るようになったり、乳腺を発達させるのに有効であると考えられるのですが、即効性を求めてはいけません。


正しいやり方でブラをつければバストがアップするのかというと、大きくなる可能性があるのです。バストは要は脂肪なのですから、正しい方法でブラをつけていないと、おなかに移動してしまいます。逆に、正しいやり方によってブラジャーをつけることで、周りの部分の脂肪をバストとしてしまうことが出来るでしょう。


バストを大きくするサプリメント・LUNA(ルーナ)


| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © カズのHOTなひと時 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます